今の職場に不満を

看護師さんで今の職場に不満を抱えて働いている人も
いると思います。
看護師さんに限らず、そんな思いを抱えて働いている人って
多いのかなーなんて思います。

 

そんなとき、転職したいなー
なんて思いがどんどん湧き上がってくることでしょう。

 

しかし直ぐに行動を起こしてしまうと
のちのち後悔をしてしまうことにつながるかもしれません。

 

転職にはタイミングがあります。
今回は看護師さんの転職のタイミングについてお話しますね。
転職のタイミングはいくつかあります。

 

1年の中で考えると、やっぱりボーナスを頂いてから
転職したほうがいいですね。

 

看護師さんのボーナス時期は病院によって
支給のタイミングが違いますからはっきりこの月ですとは言えませんが、
夏だと6月7月冬だと12月といったとこころでしょうか。

 

そしてボーナスをもらって辞める人もいることから
この時期の求人募集も増えるようです。

 

また2月や3月時期は移動の時期になります。
冬のボーナス後ですし、既婚者の方ですと旦那さんの転勤
子供の学校のことなどいろんな事情で退職される人も
多いようです。

 

ですからこの時期も求人募集が増えるようです。
しかしこの時期は、新卒者を迎える4月に近いので
病院側も忙しくなるようですから、
早めに転職活動を進めた方がいいようです。

 

しかし、4月の新人研修と一緒に研修を受けるといった
考えもあるようです。

 

勤務年数でのタイミングを見てみましょう。
転職先で好印象なのがやはり勤続年数が長いこと。

 

最低3年連続して勤務していれば、なんなくクリアといったところのようです。

 

そして勤続5年、7年となってくれば、
必然的に責任のある仕事を任せてもいい人材になっていることでしょう。

 

このような時期に転職をすれば、
転職先でも仕事を任せてもいい人材として
さらにキャリアUPできるかもしれません。

 

自分の将来を見据えた転職タイミングもあります。
看護師としてどうありたいのか?
将来どういった専門分野につきたいのか?

 

看護師の仕事をし始めて、将来自分のやりたい専門分野が
明確にわかってくる場合もあるでしょう。

 

経験年数で専門分野の試験が受けられる場合もあるようですから
定期的に自分はどうなりたいのか確認する必要があります。

 

例えば認定看護師や専門看護師になりたい場合は、
実務研修が通算5年以上で、そのうち3年以上もの
認定看護師や専門看護師にまつわる実務研修が必要になります。

 

以上のことを考えると安易に転職するのは
もったいないですよね。

 

転職が頭によぎったら、自分の将来のこと
勤続年数は?辞める時期は?など細かく書き出してみると
答えが明確にわかってくるかもしれません。

 

失敗しない転職を考えてみてくださいね。