国公立病院

国公立病院で働きたいと思っている看護師さんも多くいるようです。
なんでだろうなーって思たんですが、
いろいろメリットがあるからみたいですよ。

 

国立病院とは厚生労働省が運営している病院で
公立病院とは地方公共団体、県や市が運営している病院になります。
ですから、国公立病院でもし看護師として働くなら公務員看護師となるみたいですね。

 

公務員といえば、お給料が安定しているからと今では人気のお仕事です。
看護師さんも国公立病院で働けば、安定した給料が見込めるので
国公立病院で働きたいと考えている人もいるようです。

 

初任給は民間よりも低い場合があることもあるようですが、
着実に給料UPがされるようなので、魅力的です。

 

安定した給料・賞与の他に初年度の有給休暇が20日あったり
福利厚生が受けられたりとメリットがあって

 

また公務員になりますから年金が共済年金になりますから
民間で働くよりは年金額が上がるようです。

 

そして退職金も民間の病院より高くなり、
多い人で約3000万とか(°д°)

 

なんだか国公立病院で働くとメリットたくさんあるように感じますね。
確かにメリットはありますが、
しかしこれは条件付きと考えた方がいいみたいです。

 

安定した給料・賞与、給料UP、共済年金や退職金の額は
勤続年数に応じて発生します。

 

ですから、長く勤めあげるとメリットがたくさん発生してくるので
勤続年数が少ない場合はには、民間と比べるとどうなんだろう??
ってことになってしまうようです。

 

また最近だと公務員の給料減額などあるから
ばっちり安定した給料をもらえるとは言えなくなってきています。

 

国公立病院は特に専門分野の医療に力を入れた病院のようです。
ですから、看護師としてキャリアを積みたいといった人にも
人気の職場のようです。

 

こんな人気がある国公立病院にも、転職のチャンスはちゃんとあるようですが
国公立病院の看護師さんは長く務める方も多いようですから、
求人情報に常にアンテナをはっておいたほうがいいみたいです。

 

転職じゃなくて、一回看護師を退職して再び働きたいという人には
復職支援研修など行っている病院もあるそうなので
そういった研修に参加し再就職につなげることもできます。

 

看護師さんって人間関係が。。。
なんてこと聞くからいくら安定した国公立病院とはいえ、
人間関係が悪ければ働きづらいですよね。
ですから、もし転職や復職しようとするなら
多くの病院内の情報を収集した方がいいですね。